屋内飼育でも予防は必要 | 手軽に使えるフロントラインスプレーでノミダニをシャットアウト!

手軽に使えるフロントラインスプレーでノミダニをシャットアウト!

屋内飼育でも予防は必要

カプセルを取り出して見せる人

散歩のとき以外は家の中で飼っている犬や、完全に屋内で飼っている猫など、屋内飼育のペットならノミやマダニの予防をしなくてもいいという噂を聞いたことはありませんか?
ペットを飼っている飼い主たちの間では様々な噂が飛び交っており、インターネットでもそういった噂を目にすることがありますよね。
確かに屋内飼育ならノミやマダニの予防は必要なさそうに見えますが、実はこれは大きな間違いで、屋内飼育でもノミやマダニの予防は必要なんです。

ノミやマダニの身体はとても小さく、人間の目で見ることはとても難しいほどの大きさです。
人間が締め切っていると思っている部屋でも、ノミやマダニは微かな隙間から屋内へ侵入してきますし、外から帰ってきた飼い主の服などについて室内へ入り込んでくることもあります。
ノミやマダニは一度の交尾でたくさんの数の卵を産むため、最初はとても少ない数だったノミやマダニが室内で繁殖をし、ペットに被害をもたらすことだってあります。
たとえ室内飼育だったとしても、フロントラインスプレーを使ってしっかりと予防を行っていきましょう。

また、同じような噂で冬の間はノミダニ予防は中断してもいいという噂もありますが、これも間違いです。
ノミやマダニといった寄生虫は冬の間にはあまり見かけない印象がありますが、外の気温が低い冬だからこそ暖かい室内へ侵入してこようとします。
冬の間だけ中断してもいいのはフィラリアの予防だけで、ノミダニ予防は一年を通じて行ったほうがいいので注意しましょう。